不動産名義変更の手続き

遺産分割協議案に全員が同意しすると、不動産名義変更の手続きをすすめられます。

遺産分割協議が成立したら遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)というものを作ることになります。

遺産分割協議書は新しく名義人になる人が作るのが一般的です。

しかし相続人の一人であれば、遺産分割協議の案や遺産分割協議書を作るのは誰であっても問題はありません。

遺産分割協議書の書き方に特別な決まりはありません。

しかし、どうしても入れないといけない文言があります。

遺産分割協議書を作っても有効にするために、相続人全員で協議したという文言を必ずどこかにいれます。

遺産分割協議書の内容に不動産名義変更の必要がある場合には、その家や土地の登記事項証明書を書き写す必要があります。

登記事項証明書とはなんなのか、どう手配したらいいのかなど、専門家が必要になるのはこのあたりです。