不動産名義変更手続き

不動産名義変更には、状況によっては相続登記など様々な知識が必要です。

相続による不動産名義変更を中心に、流れをまとめていくとまず相続人全員で、土地の名義を誰の名義にするのかをきめます。

相続人全員の同意が必要で、遺産分割協議といいます。

相続する土地や建物がある場合、名義を変えるには遺産分割協議という話し合いが必要になります。

遺産分割協議は相続人全員が一箇所に集まる必要はありません。

協議するのに集まる必要がなく、協議方法は自由で、手紙でも電話でも電子メールでもまったく問題がありません。

不動産名義変更の申請は行う前にまず専門家へ相談したほうが簡単で確実です。

あらかじめ相続の話し合いをしてあると問題が少なくなると思いますが、相続する不動産がたくさんあったりする場合は、どの不動産をだれが相続するかなど、まずそれぞれの不動産の価値から調べたりする必要もあり、なかなか一筋縄にはいかない場合があります。

不動産の価値を調べる場合でも、相続人の誰が不動産鑑定士を選ぶか、全国に不動産が散らばっていた場合、不動産鑑定士を一人にするのか、それぞれの土地にいる不動産鑑定士に依頼するのかなどの話し合いが必要になるからです。

相続する人数にもよりますが、相続する物件数によって問題は複雑になっていきます。